清水メイク

スチール撮影用に!しっかり見えベースメイクと骨格に合わせたメイク

SHARE MDOELS読者の皆さんこんにちは。メイクアップアーティストのArisa Shimizuです!

今回は、スチール撮影で役立つ「しっかり見えベースメイク&骨格に合わせたメイク」をご紹介します。

メイクのフロー

清水メイク

「しっかり見えベースメイク&骨格に合わせたメイク」のメイクフローをご説明します!

使用したコスメは記事最後でご紹介しているので、ぜひゲットして試してみてくださいね。

 

しっかり見えベースメイク

ベースは普段お使いの物でOK!

①ファンデーションは顔の中心のみ。

②コントロールカラーorコンシーラーのピンクで、目の周りのくすみを飛ばすのがポイントです。ザセムのピンクコンシーラーがオススメ!

③目元のお粉はローラメルシェでしっかりめに。アイラインが崩れにくくなります。 

④顔の広い部分は筆などでさっと入れましょう! 顔全体にお粉をしっかりのせ過ぎると、重たく厚塗り感が出てしまうので要注意。

 

しっかりベースメイクは、顔の中心のみと、ニキビなど気になるところをポイントで隠すだけで完成です!

 

骨格に合わせたメイク

清水メイク

①シェーディングはガッツリ入れても大丈夫!写真に撮った時にはちょうどいい感じになります。

丸顔さんなら、おでこの生え際、耳の付け根から斜め下に。 エラの部分も気になるようであれば、しっかり入れておきましょう。

小鼻にも入れると、鼻を小さくみせる効果も。

トゥークールのシェーディングは3色付きで使いやすのでおすすめです!

 

清水メイク

②ハイライトも、眉弓骨〜頬骨辺りに角度を付けて。

鼻筋にも入れます。 ツヤが出るタイプのものは、入れ過ぎるとテカって見える・古臭い感じに見えるので注意してくださいね。

今回はシャネルのパープルの上から、ツヤが出るセザンヌ少しを使用しています。

③眉毛は隙間を埋めるように。

 

④チークも写真を撮ると色味が飛ぶので、しっかり入れましょう。

清水メイク

⑤シェーディング・ハイライト同様、角度を付けて、さらに小顔効果を。

チーク、シェーディング、ハイライトは、斜めに角度を付ける方がお顔が細く見え、丸顔さんにはオススメの入れ方です。

 

⑥アイシャドーのラメは、光の当たり具合でゴミっぽく見えたりするので、ラメを使った場合は撮ってもらってから確認し調節しましょう。

清水メイク

CLIO プロダッジリングアイパレット 購入ページ

⑦涙袋が欲しい方は、ラメor明るめシャドー+ダブルラインで創ります。

 

清水メイク

丸顔さんの骨格に合わせたメイクの完成〜!

 

今回使用したコスメはコレ!

清水メイク

 ・ローラメルシェ ルースセッティングパウダー

 

the SAEM カバーパーフェクション チップコンシーラー

 

・セザンヌ パールグロウハイライト シャンパンベージュ

 

・ロムアンド ジューシーラスティングティント APPLE BROWN

 

・トゥークール アートクラスバイロダン シェーディング

 

・ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ ビターブラウン 

 

まとめ

清水メイク

以上、「しっかり見えベースメイク&骨格に合わせたメイク」をご紹介しました!

スチール撮影では普段のメイクよりしっかりベースメイクをしておくことで、より写真うつりが良くなるのでぜひ実践してみてくださいね。

 

 

清水メイク
最新情報をチェックしよう!
>SHARE MODELS LINE公式アカウント

SHARE MODELS LINE公式アカウント

SHARE MODELS LINE公式アカウントをお友達追加していただくと、プロのメイクアップアーティストNarumiによる、時短メイクテクニック動画をプレゼントします。