160cm前後でも有名になれる!人気のSサイズモデル 15名

SHARE MODELSの読者の方のなかには「モデルになりたい!」と思っている方が多いのではないでしょうか。

モデルを目指す上で大きな壁となる身長…。日本人女性の平均身長は約158cmと言われており、欧米諸国と比べると5〜7cmほど低いです。

しかし!「身長が低いからモデルになれない…」と諦める必要はありません。日本には身長が160cm前後でも活躍しているモデルさんがたくさんいます。

身長が160cm前後の人気Sサイズモデル 15名

ここからは身長が160cm前後のSサイズでも幅広く活躍しているモデルさんを紹介します。

1 益若つばさ(150cm)

Sサイズモデル

出典:pinterest

17歳の時にファッション雑誌『Popteem』に渋谷での私服スナップ写真が掲載され、読者として初登場しました。以降、2008年まで同誌のモデルを担いました。2010年に『Popteen』の姉妹誌『PopSister』が創刊すると専属モデルとしてこれに登場し、2011年の卒業までモデルを務めました。

ファッションやコスメのブランドをプロデュースすると「経済効果100億円」と言われるほどの人気となり、カリスマモデルと賞賛されました。

 

2 三戸なつめ(152cm)

Sサイズモデル

出典:pinterest

2010年頃から地元の関西でモデルとして活動したあと、2013年に上京しファッション雑誌『mer』でデビューしました。『mer』、『Zipper』、『SEDA』などの青文字系ファッション雑誌(東京の原宿などで多く見かけるガーリー、個性的、非日常的、同性受けを狙ったファッションやそれらを多く取り上げる雑誌のこと)で活躍しており、前髪を極端に短く切りそろえた独特のヘアースタイルがトレードマークになっています。

2014年に歌手活動を開始し、2015年に中田ヤスタカプロデュースによる自己紹介ソング「前髪切りすぎた」で歌手デビューもしました。

 

3 舟山久美子(155cm)

Sサイズモデル

出典:pinterest

「くみっきー」の愛称で親しまれている舟山久美子さんは渋谷でスカウトされたことをきっかけにモデル活動を始めました。155cmと低身長ながらファッション雑誌『Popteen』で17ヶ月連続で表紙を飾るほどの人気があり、他にもファッションショーやTV番組・CMなどにも出演しています。

またファッションブランド「MICOAMERI」(ミコメアリ)を立ち上げており、即完売するアイテムを続出させるなど人気を博しています。

 

4 二階堂ふみ(157cm)

Sサイズモデル

出典:pinterest

沖縄出身で12歳のときにフリーペーパーの『沖縄美少女図鑑』でグラビアデビューしたことをきっかけに芸能界入りをし、ローティーン向けファッション雑誌『ニコラ』で専属モデルを務めました。もともと幼い頃から映画女優を志していたこともあり、女優として映画やTVドラマ・舞台にも出演しマルチに活躍しています。

モデル・女優としてだけでなく文筆活動や写真家としても活動をしており、多彩な才能を持っています。

 

5 森川葵(157cm)

Sサイズモデル

出典:pinterest

ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」で応募者5,575人の中からグランプリに選ばれモデルデビュー。

2015年4月号をもって『Seventeen』の専属モデルを卒業したあとは映画やTVドラマ・舞台などに出演し作品ごとに異なる役を自在に演じ分けることから「カメレオン女優」と評されています。

 

6 広瀬すず(159cm)

出典:pinterest

ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルオーディション「ミスセブンティーン」でグランプリに選ばれ、姉であるモデルの「広瀬アリス」と共に姉妹で専属モデルを務めました。

モデル活動と並行して女優活動も精力的に行っており、第40回日本アカデミー賞において『ちはやふる -上の句-』で優秀主演女優賞、『怒り』で優秀助演女優賞をダブル受賞するなど演技力も評価されています。

 

7 前田希美(159cm)

出典:pinterest

ローティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』第14回読者モデルオーディションで準グランプリ、新設された「プリウリ賞」を受賞し専属モデルとして活動を始める。

『ピチレモン』卒業後はファッション雑誌『Popteen』で専属モデルとして活動しながら女優として多数の映像作品にも出演しました。

Popteenn卒業後の2018年にはアパレルブランド「N WITH.」を立ち上げ、モデルとしてはもちろん女優・タレント、アパレルプロデューサー・Youtubeerと幅広いジャンルで活動しています。

 

8 福原遥(159cm)

出典:pinterest

子役として小学1年生の頃に女優デビューを果たしたあと、NHKのEテレで放送された『クッキングアイドル アイ!マイ!まいん!』にて主人公の柊(ひいらぎ)まいんを演じたことから注目を浴び「まいんちゃん」の愛称で親しまれています。

モデルとしてはローティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』の第20回ピチモオーディションで約9,000人のなかからグランプリ4名のうちの1人として選ばれ専属モデルデビューをしました。

『ピチレモン』休刊後は女優、歌手・声優として多数の作品に出演しています。

 

9 西野七瀬(159cm)

出典:pinterest

乃木坂46の1期生オーディションに合格しアイドルとしてデビューしました。2014年4月2日発売の乃木坂46の8thシングル「気づいたら片想い」でシングル表題曲で初のセンターに抜擢されるほどの人気に。

2015年からファッション誌『non-no』の専属モデルを務めモデルデビューも果たしました。2016年発売のソロ写真集『風を着替えて』はオリコン週間ランキングの写真集部門とオリコン年間ランキングの写真集部門で1位を獲得しました。

 

10 清野菜名(160cm)

出典:pinterest

小学6年生の頃の休み時間に流行っていたオーディションごっこの延長でローティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』のオーディションに応募し、グランプリ・ペンティーズ賞を受賞。2007年から2011年まで専属モデルを務めました。

高校では3年間アクション部に所属し、高校2年生のときから1年間はアクション養成所でボクシングや立ち回り、アクロバットなどの本格的なアクションの訓練を受けました。
女優として活動を始めた今でもアクションは評価されており、第4回ジャパンアクションアワードベストアクション女優賞を受賞しました。

 

11 佐野ひなこ(160cm)

出典:pinterest

美容室のサロンモデルをしていたことをきっかけに高校2年生の時に出版社から雑誌モデルに誘われ読者モデルを始め、高校3年生ころまで続けました。2013年に『週刊ヤングマガジン』のグラビアでデビューし、「ウエスト51cm」で話題になりました。2014年にはグラビアの経験を活かしファッション雑誌『ViVi』の専属ビューティー・ミューズになりました。

2014年からは積極的に女優としても活動しており、TVドラマや舞台などに多数出演しています。

 

12 堀田茜(160cm)

出典:pinterest

2009年の第12回全日本国民的美少女コンテストの本選出場をきっかけにオスカープロモーションに所属し芸能活動を始めました。2014年からはファッション雑誌『CanCam』の専属モデルを努めています。

女優として様々なTVドラマなどに出演していますが、2015年から日本テレビの「世界の果てまでイッテQ!」で出川ガールとして不定期出演するようになり体を張ったパフォーマンスが話題となりました。

 

13 ダレノガレ明美(162cm)

出典:pinterest

7歳の時からモデルになることを夢見るようになり、失恋をきっかけにモデルを本格的に目指すようになりました。2012年にファッション雑誌『JJ』でモデルデビューをし、2015年に同誌の専属モデルを卒業しました。モデルの経験を活かしカラーコンタクトやコスメのプロデュースを行っています。

2012年にTBSのテレビ番組『サンデー・ジャポン』に出演以降、様々なバラエティ番組に出演するようになりました。

 

14 中村アン(161cm)

出典:pinterest

自身を印象づけるために始めた前髪を無造作にかき上げた髪型はやがて「かき上げヘア」「かき上げスタイル」などとしてトレードマークとなり、その髪型を真似する若い女性が続出するようになりました。

フィットネスの1つであるクロスフィットにより鍛え上げたしなやかな筋肉と引き締まった健康的なボディは、女性の憧れの「美ボディ」として注目を浴びています。

 

15 永野芽郁(163cm)

出典:pinterest

子役として芸能界デビューをしたあと、2010年から小学生向けファッション誌『ニコ☆プチ』でレギュラーモデルを務め、2013年から2016年までは姉妹誌『nicola』のモデルとしても活動しました。その後2016年から2019年までファッション雑誌『Seventeen』のモデルとして活動していました。

可愛らしい顔立ちながらファンの間ではカーマニア・バイクマニアとして知られており、中型免許を所持しているほかテレビ番組では大型トラックの運転も披露しました。

 

身長が低くても諦めないで!

モデルは身長が全てではありません。

日本には身長が低くても活躍しているモデルさんがたくさんいます。
日頃からスタイルや健康管理などに気をつける努力をすることでモデルとしての才能を伸ばすことができるかもしれません。

筋トレや運動、メイクの練習やファッションの勉強などをして自分を磨いていきましょう!

 

 

最新情報をチェックしよう!
>SHARE MODELS LINE公式アカウント

SHARE MODELS LINE公式アカウント

SHARE MODELS LINE公式アカウントをお友達追加していただくと、プロのメイクアップアーティストNarumiによる、時短メイクテクニック動画をプレゼントします。