anna

肌荒れを1週間で治す!? かぶれる肌を克服したモデル川口杏夏のスキンケア

お久しぶりです!川口杏夏です!

明けましておめでとうございます^^♡(遅い、、、)

最近、暖かい日と寒い日の寒暖差が激しいですよね。

そんな時、「体調管理を気をつけないといけない!」というのもありますが、今回は「お肌のメンテナンス」について、みなさんにシェアしたいと思います!

 

脱“肌荒れ” キレイな肌を手に入れるためには?

anna

わたしは生まれつき\超超超/敏感肌なので、年がら年中肌荒れを気にして生きている身です。

実は先日、体調が悪かったのか、肌が弱いからか、撮影でメイクをした後日から肌が真っ赤っかに荒れてしまいました。(汗)

いつもより念入りにスキンケアを続けても治らない日々。そして、アレルギーの症状のように顔がかぶれるまでに、、、。

春に向けて乾燥や花粉など、より肌荒れが進行する予感がしたわたしはついに!この1ヶ月スキンケアを本気で見直してみました。

今までたくさんのスキンケアを試し、何回もスキンケア方法を見直してきてもなかなかしっくりこなかったわたし。今回も滑り出しはいつもと同じ。

しかし、“あること”をしてから、これだけ悩んでたのがバカみたいに一週間で肌荒れが急激に鎮静しました!

その“あること”とは…

①皮膚科に行く

皮膚科は、いわばその道のプロ。プロに一度任してみてはどうでしょうか?

とは言っても行ったことあるけど治らないんだよな〜、そう思った方、正直私もそう思ったことがあります。

わたしは今までに何回も皮膚科に行ったことがありました。しかし超敏感肌なわたしの肌荒れは一時的に良くなってもすぐ悪化したりしていました。

その原因は、医師の言うこと(薬の適量、回数など)をしっかり守ってなかったからです。自業自得ですね〜。

例えば、かぶれていた肌用に処方されたステロイドは、すぐに肌が綺麗になります。ただそこでやめないこと。

「1週間、量を徐々に少なくしながら塗ってください。」そう言われると、ちゃんと1週間塗ること。逆に1週間以上塗るとかえって悪化する場合もあるそうです。

なので…

②商品の特性をちゃんと知ろう

例えば、毛染めを薬局で購入してセルフで毛染めをするとします。説明書に「約◯◯分置いて下さい。」と記載されていますよね。

その待ち時間に我慢できなくなって、記載時間よりも早く髪を洗い流してしまいましたとします。

それなのに「色が入っていない!」などと思うこと、逆にフェイスパックをしていて、記載時間よりも圧倒的にオーバーな時間ずっとパックしていて、「乾燥した!」などと同じで、その商品の効果が得られる使い方とは違う使い方をすればそれなりの結果になりますよね。

それぞれの商品には、それぞれの商品の効果が得られる使用方法が記載されているはず!まずは商品の使用方法に従ってみましょう!

上記のことを踏まえて、1週間、皮膚科の医師の言う通りに治療を進めると、みるみるマシになりました。

その後、今は普段のスキンケアに戻していますが、現状維持!特にひどい肌荒れはせず、いまは調子が良い♡

 

モデル川口杏夏のスキンケア

anna

次に、普段のスキンケアについて、意識している点をシェアしたいと思います!

洗顔は朝晩2回が基本

わたしは混合肌でもあり、乾燥肌でもあり、超敏感肌でもあり、、、とにかくややこしい肌なのですが、毎日朝晩2回。ちゃんと洗顔料を使って泡立てて洗うこと。

基本的にはこれを意識しています。油分が取られて乾燥しそうですが、洗顔後のケアをしっかりしてあげると心配しなくて大丈夫です!

ここでポイントなのが、「ぬるま湯」で洗うこと。お風呂の中でもシャワーを出来るだけ直接かおに当てないように心がけています。

桶などにお湯を溜めて、手ですくって濯ぐようにしています。これだけでも全然変わったかも!!

 

しみるものはNG

一時期、ビタミンC配合のスキンケア商品にはまっていました。その商品を初めて使った時にしみる感じが、わたしはなぜか「効いてる気がする〜」と思ったんですよね。(笑)

皮膚科の医師曰く、それはNGだそうです。しみているのは傷に刺激をしている証拠。

なので、化粧水でもなんでもしみるものは合っていない証拠だそう。わたしは完全に勘違いしていましたね。医師から処方されたものでもしみるものは使用をやめて相談した方がいいそうです。

 

自分の肌に優しいスキンケアを見つけて♡

anna

今回紹介したスキンケアについては、あくまで超個人的な意見です。同じ肌質の人はいないと思うので、個々にあったスキンケアを見つけてほしいので、今回はあえて特定の商品名などは紹介しませんでした。わたしも、もっとわたしに合うスキンケアを見つけ続けたいと思います!♡

マスクがニューノーマルとなった現代に肌荒れはつきものですよね。

メイクはシチュエーションに合わせて、基本は日焼け止めとベビパウダーだけで、ここぞと気合を入れるときのみ、クッションファンデーションなどをするようにしています。

わたしにとって肌荒れは日常茶飯事なので、肌荒れを考えすぎないようにしています。考えすぎるとかえってストレスなり、肌荒れの原因になります。

メンタルや食事など、生活リズムを整えることによって心も身体も健康に。より素敵な日々が過ごせるように、一緒に頑張りましょう!

 

さいごに

anna

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

いかがでしたか?なにかヒントになることがありましたか?

1人でも多くの人の笑顔が増えますように。また次回もお楽しみに〜

anna
最新情報をチェックしよう!
>SHARE MODELS LINE公式アカウント

SHARE MODELS LINE公式アカウント

SHARE MODELS LINE公式アカウントをお友達追加していただくと、プロのメイクアップアーティストNarumiによる、時短メイクテクニック動画をプレゼントします。