かんばらふうこ

体重命のダイエットとはさよなら!モデル流スタイルアップの3原則

数字に囚われるダイエットはもうイヤだ!

今回は無理せず続けられるダイエット&スタイルアップの方法をご紹介します。意識的にダイエットをしようとすると慣れていないことを継続することが苦痛になって断念してしまったり、ダイエットを始めても外出先でたくさん食べてしまい罪悪感に襲われたり…。

ダイエットに挑戦しようとして自分の性格に合わずギブアップの繰り返しに疲れている女性のために、モデルとしても活動している編集長がおすすめの方法を伝授したいと思います!

01 ズボラ女子には“付けるだけアイテム”がおすすめ

かんばらふうこ

私は「とにかく楽して痩せたい」性格なので、外に出て運動をしたり断食をしたり制限するのではなく生活の一部にスタイルアップできるアイテムをプラスしています。

コルセットでくびれを作る

コルセット

出典:amazon

お腹痩せやくびれを作りたい方にはコルセットがおすすめ!

私も実際に使用していますが、お腹を締め付けることで自然と食べる量が軽減されます。また、腰を伸ばす力もあるので姿勢を改善できるところもコルセットの魅力です。

胸まであるタイプとウエストだけのタイプがあり、どちらのタイプも使用したことのある私的にはウエストだけのコルセットがおすすめです。海外の製品だとカップのサイズが日本よりも大きい場合があるので注意してください。

 

着厚ソックスでむくみを軽減

着厚ソックス

出典:amazon

寝ながら足やせダイエット♡

定番のメディキュットは太ももを引き締めたい女性におすすめ!むくみが取れて朝スッキリするのが分かる最高のアイテムです。

人それぞれ痩せやすい部分と、細くしたくても中々痩せられない部分があり、痩せにくい部分は運動やストレッチをしても時間がかかってしまうので気になるパーツに付けられるアイテムを取り入れるのがおすすめです。

 

小顔ベルトで顔を引き締める

小顔ベルト

出典:amazon

小顔ローラーは手が疲れるし顔のむくみをとるのに時間がかかる…。

そんな時は小顔ベルトで効率よく顔のラインを綺麗に引き締めよう!小顔ベルトなら両手があき装着した状態でいろいろなことができるので、小顔ローラーやマッサージのように時間に縛られることがありません。

ただ、肌の弱い人は製品によってかぶれてしまうことがあるので購入する前に素材をしっかりチェックしておいてくださいね。

 

02 気になる部分はあえて出す!見られてることを意識して

かんばらふうこ

太ってるから出したくないな…と思う身体のパーツはあえて出す!見られていると意識することがスタイルアップ成功の秘訣です。

夏はノースリーブで二の腕を出す

「二の腕が出るから夏服は苦手」という女子もきっと多いはず。

しかし、不思議なことにカラダは隠せば隠すほど気になる部分が太っていってしまうものです。特に二の腕は長袖の時期は服で隠れてしまうので出せるチャンスは暑い時期だけ!

二の腕を細く見せるためには脇をしめずに腕を浮かせた状態をキープすることです。二の腕を出していると自然と細く見える角度やポーズを意識するようになるので、日頃からあえて出してみてください。

 

家でも外でもショートパンツ必修!

ただ歩いたり、仕事をしたり、メイクをしたりしているだけだと足を見る機会って意外と少ないんですよね。

ふとした瞬間に全身鏡を見て「え!足太ってるじゃん…。」と足痩せダイエットをはじめる女性も多いかと思いますが、最近流行のガウチョパンツやロングスカートを履いていると足の太さに気づくことができないので毎日ショートパンツを履いて過ごしてみてください。

ショートパンツを履くことでスマホを見ている時も足が視界に入りスタイルを維持できているか確認することができます。

 

髪はアップ!顔のラインはいつも見えるように

顔がむくんでいると横髪で隠したくなったり、髪をおろしてフェイスラインや二重顎が隠れるようにしがちになってしまいますが、自分磨きをするためには隠すことはNGです。

私も丸顔ですぐに顔がむくんでしまうことがコンプレックスだった昔は横髪で輪郭を隠していましたが「隠していてはいつまでたっても痩せられない!」と思い、できるだけ髪をくくり顔が出るようにしています。

顔は洗顔やメイクをする時に毎日見るので少しの変化も気付きやすく、隠してしまうと“気づいた時には太りすぎていた”ということも防げるので、できるだけいつでも自分の顔を見れるように心がけましょう。

 

03 鏡で体をチェックするのを日課にしよう

かんばらふうこ

ダイエットは“ダイエットをしなくていいワタシ”を作るための行い。

毎日体重計に乗って数字を追いかけるのもダイエット成功には必要不可欠ですが、何より大切なのは痩せたスタイルを維持するためには「鏡を見ることを日課」にして常に自分の体と向き合うことです。

毎日自分の体を見ていないからダイエットしないといけないと思う体型になってまい焦りを感じてしまったり、メイクやファッションで誤魔化すことを覚えてしまい本当の自分らしさを見失ってしまっていませんか?

私は入浴前後に裸の自分の体を見ながら気になる部分を手で摘んで太っていないか確認したり、定期的にスマホカメラで写真を撮ってよりキレイにうつるために意識を上げていくようにしています。

 

 

制限しない工夫がダイエット継続の鍵♡

かんばらふうこ

以上、私流スタイルアップの3原則をお届けしました!

①付けるだけアイテムでこれまでの日常を制限するのではなくむしろプラスする、②お出かけでもお家でも体が出る服を着て見られていることを意識する、③鏡を見ることを当たり前にするだけで意識は変わる。

私自身これまでにヨガやジムでの運動、食事制限など定番のダイエットをしてきましたが普段していないことをダイエットのために挑戦しようとすると継続することが難しく一時的に痩せてもすぐにリバウンドしてしまうことが多かったです。

そんな私のようなズボラで面倒くさがりな女子はぜひ今回ご紹介したダイエット方法を日常に取り入れてみてください。

 

かんばらふうこ
最新情報をチェックしよう!
>SHARE MODELS LINE公式アカウント

SHARE MODELS LINE公式アカウント

SHARE MODELS LINE公式アカウントをお友達追加していただくと、プロのメイクアップアーティストNarumiによる、時短メイクテクニック動画をプレゼントします。